• ホーム
  • 女性の性的悩み!~不感症の原因について~

女性の性的悩み!~不感症の原因について~

2019年11月10日

女性の抱えている悩みの一つに、不感症があります。
性的行為においても興奮しないし濡れないのですから、女性にとってもパートナーにとっても大きな困惑を禁じ得ません。
不感症が起こる原因には、精神的なものと身体的なものとがあります。
中には、その両方の原因によって性機能に好ましくない影響が生じることがあるのです。
精神的な原因として、性行為に対する不安や緊張が過剰だと発症することがあります。
男性の前で自分のありのままの姿をすべて見せることへの抵抗や羞恥の思いがきっかけとなっています。
幼少期から性に不慣れであったり、性に関する厳しいしつけを受けてきたことが影響している事例もあるのです。
このケースにおいては、男性と性的接触をすることへの恐怖心や、自分自身に対する罪悪感が湧いてきて、それが性的行為そのものに対する背徳意識が背景にあることも少なくありません。
片や、身体的な原因としては、冷え症や生理不順、あるいは出産などと、自身の体質や環境変化による問題があげられます。
昨今では多くのストレスからくる体調不良なども手伝って、このような複合的な要因がもとで不感症j状態に陥るという女性の例も報告されています。
実は体調不良がもとで不感症になった女性は数多いのが現実です。
その際の症状は一過性のものであって、体調が戻ってくることに伴って自然と治ってくるものです。
ほかにも、病気や怪我の後遺症、もしくは治療のプロセスで服用してる薬の副作用が原因となっているケースもあるのです。
ラブグラは不感症の症状である性感欠如や性的刺激の減退に有効に作用することで性感を促進し、性的感度を高める体質に近づける効果があると言われています。
シルデナフィルも性機能障害治療薬として使用されていますが、日本では未認可の薬ですので、その取扱いには十分な注意が求められます。
シルデナフィルは血管拡張を促進する作用を持っていますので、慢性心不全、肺高血圧症、動脈管開存症などへの適応が研究されています。

女性の性的悩み!~不感症はラブグラで解決~

ラブグラが有効なのは不感症のなかでもとくに身体的なことが原因となっているケースです。
この薬に有効成分としてふくまれているシルデナフィルは、血行を改善する効果があり、とくに女性の膣周りの血流を良くします。
不感症になっている女性は、膣周辺の血行が良くないために快感よりも痛みのほうを強く感じてしまったり、あるいは膣液が十分に分泌されないなどの症状が出てしまいます。
こういった場合にはパートナーに触れられたり舌などで刺激されても十分な快楽を得ることができないため、性的な興奮も得にくくなります。
また、自発的に気持ちよくなりたいという感覚からも遠のいてしまうため、オーガスムにも達しにくくなってしまうのです。
ラブグラを飲んだ場合、膣周りの血流の状態が改善されるため、少しの刺激にも反応しやすくなります。
また、刺激によって膣液の分泌量なども増えます。
膣液の量が増えれば挿入時の痛みも軽減されることになるため、痛みよりも気持ちよさのほうが得やすくなることになります。
また、ラブグラには性感刺激ホルモンを低下させる働きのあるホスホジエステラーゼという酵素の分泌をおさえる働きもあります。
ホスホジエステラーゼの働きがおさえられることで、外部からの性的な刺激にたいしてより敏感になることでしょう。
セックスの1時間くらいまえにラブグラを飲むことで、効果が現れます。
だいたい飲んで45分くらい経ったころから体に変化が出始め、その後は3時間から4時間くらいは効果が持続します。
この間は身体が感じやすい状態をずっと保っておくことができます。
日本国内では未認可の薬にくらべると安全性の高い薬なので、濡れない・興奮しないといった悩みを抱えている場合におすすめの薬となっています。